信号の生成 in GNU Radio

GNU Radioで信号を生成する例題です。

上から、Cosine Wave, Square Wave, Triangular Wave, Saw tooth Waveの順番です。

周波数の調整は、WX GUI Sliderを用いて行います。例題ファイルでは1000 Hzを基本にして、0から2000 Hzの範囲で調節できるようになりました。WX GUI SliderのMinimumとMaximumを変更すれば、調節できます。

そして、サンプリングレートは32 kHzとなっています。

Screenshot from 2015-12-18 16-44-22

実行画面の例: freq = 1000 Hzの場合

Screenshot from 2015-12-18 16-44-38

実行画面の例: freq = 2000 Hzの場合

Screenshot from 2015-12-18 16-45-10

例題ファイルは、下記のリンクでダウンロードできます。

signal_tutorial.grc

関連ページのリンク

信号の遅延

Leave a Reply