LTSpice XVII マルチモニターの表示

2016-12-31

今年、LTSpiceがIVから一気にXVIIにアップデートしました。 ユーザーとして一番嬉しいニュースは、マルチモニターのサポートです。 今日は、その実例をご紹介します。 まず、LTSpiceのファイルを一つ開き、シミュレーションを実行させます。 今回は、R1にかかる電圧の周波数特性を表示させています。LTSpice ユーザーには慣れている画面の構成で、計算結果とSchematicが上下のWindowに分離されています。 LTSpice IVでは、ここで終わりましたが、LTSpice XVIIでは、気になるWindowsにカーソルを移動し、右クリックをするとFloat Windowというメニューが表示されます。これをクリックしてみます。 その結果、別のモニターに全画面表示をすれば、下記の図のようになります。(二つのモニターの解像度が異なるので、下記のようなキャプチャ画面になってしまいます。ご了承ください。) やはり、いいですね。作業性が大きく上がる気がします。 LTSpice IVを使っている皆さんは、早めにアップデートをおすすめします。

Read More >>

Wireless Power Transfer Analysis using LTSpice

2016-11-02

LTSpice can be used to calculate the efficiency and other parameters in wireless power transfer (WPT). First, We build the equivalent circuit diagram of the WPT system below. The figure and data came from the following paper. Sample, A. P., Meyer, D. a., & Smith, J. R. (2011). Analysis, experimental results, and range adaptation of magnetically coupled resonators for wireless power transfer. IEEE Transactions on Industrial Electronics, 58(c), 544–554. http://doi.org/10.1109/TIE.2010.2046002…

Read More >>

S-parameters with LTSpice

2016-11-01

The .net Spice function can be used to calculate two port parameters such as Z,Y,H and S parameters. Zin and Zout can also be calculated. The circuit below shows a simple example. This is the bans pass filter (BPF). Here is the LTspice file. ltspice_sparameter   1. Create an input port V1 with a series resistance. The series resistance will typically be 50 Ohm for S-parameters. This resistance will not…

Read More >>