LTSpice XVII マルチモニターの表示

今年、LTSpiceがIVから一気にXVIIにアップデートしました。

ユーザーとして一番嬉しいニュースは、マルチモニターのサポートです。

今日は、その実例をご紹介します。

まず、LTSpiceのファイルを一つ開き、シミュレーションを実行させます。

今回は、R1にかかる電圧の周波数特性を表示させています。LTSpice ユーザーには慣れている画面の構成で、計算結果とSchematicが上下のWindowに分離されています。

LTSpice IVでは、ここで終わりましたが、LTSpice XVIIでは、気になるWindowsにカーソルを移動し、右クリックをするとFloat Windowというメニューが表示されます。これをクリックしてみます。

その結果、別のモニターに全画面表示をすれば、下記の図のようになります。(二つのモニターの解像度が異なるので、下記のようなキャプチャ画面になってしまいます。ご了承ください。)

やはり、いいですね。作業性が大きく上がる気がします。

LTSpice IVを使っている皆さんは、早めにアップデートをおすすめします。

Leave a Reply