Phase shift keying modulation in GNU Radio

今日はデジタル変調の一つであるPhase Shift Keying (PSK)変調について、見てみます。

PSK変調に関して、下記のHPに詳細説明が掲載されていますので、参考にしてください。

PSK Modulation (by Circuit Design)

まず、下記のようにブロック図をかきます。今回はQT_GUIで作成します。

GNU Radioファイルは下記のリンクでダウンロードできます。

PSK_tutorial

 

zentai2

(1) Sampling Rate : 32000にします。

(2) Random Sourceを次のように設定します。

Output type : Byte

Number of samples : 10000

random_source

(3) PSK Modulationを次のように設定します。

Number of Constellation : arity (Varibleで設定します。)

Samples/Symbol : sps ( Varibleで設定します。)

Excess BW : excess_bw (Variableで設定します。)

PSK_mod

(4) PSK ModulationのVariableの設定

arity :4

arity

sps :4

sps

excess_bw : 0.350 = 350e-3

excess_bw

rrc_taps : 1

rrc_taps

(5) Decimation FIR Filter

Taps : rrc_tapsを入力(画面上に1になっていますが、すみません。rrc_tapsに入力してください。)

Fir_filter

(6) QT GUI Frequency Sinkの設定

Type : Complex

FFT size : 1024

QT_Freq_Sink

(7) QT GUI Time Sinkの設定

Type : Complex

Number of Points : 200

QT_time_sink2

(8) QT GUI Constellation Sink

Type : Complex

Number of Points : 4096

QT_constellation_2

(9) 実行結果

excute_2

Leave a Reply